市役所の臨時職員から介護職員兼相談員に転職して失敗した体験談

市役所の臨時職員から介護職員兼相談員に転職して失敗した体験談

介護転職の失敗談
今回の体験談をお話しいただいたのは…

  • ペンネーム いさな
  • 性別 女性
  • 年齢 当時は20代後半、現在は30代です
  • 地域 沖縄県
  • 転職前の職業 市役所(臨時職員)
  • 転職先施設 デイサービス

高齢化社会という言葉がもう当たり前のように聞かれるようになり、介護施設は増加の一途をたどっているので、介護求人というのはすごくたくさん見かけますね。転職情報誌に介護職の特集が組まれていることもよくあります。

このような状況ですので、現在お仕事を探している、またはこれから介護の仕事へ転職しようと考える方も多いかと思います。お年寄りと接するのが好き、家族の介護をした経験を活かしたい、来たる親御さんの介護のためにスキルを身に着けたい…など、さまざまな理由から介護職を検討する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしどの仕事も、事前に介護職についての情報収集は、転職活動において不可欠です。その参考になればと思い、今回は私の介護転職での失敗談についてお話ししたいと思います。

なぜ介護職に転職しようと思ったのか

介護職へ転職する前、私は市役所の臨時職員として働いていました。

私の働いている市役所では臨時職員には働ける期間は2年という年限があり、しかも日給6,000円ほどで交通費ナシ、手取りが10万円を切ることもざらで市県民税は手払いという、生活するのにギリギリな待遇です。

そんな不安定な身分とキャリアの先行きも見えずに年限がせまるなか、ふと業務で調べたところ、私が「社会福祉主事任用資格」を有していると知りました。特に目立ったスキルも持っていない私は、せっかくこの資格があるのだから介護・福祉の分野でキャリアを積もうと考えました。

資格を活かしての転職、介護職ではとても有用ですね!

どうやって仕事を探したか

それからは転職サイトや無料の求人誌などで介護職を探してみましたが、たいていアルバイト・パートの募集で時給700円台、フルタイムで働いたとしても現在の給料と大差ないものがほとんどでした。

自力では目ぼしいものは探せなさそうだと思いハローワークを利用することにしたのですが、そこで真っ先に紹介された事業所の条件が「相談員兼介護職、月給20万円!」です。

市役所臨時職員の、休めば休んだだけ削られる日給制に辟易していた私にとって憧れの月給制、しかも20万円というのは私の住んでいる地域ではバリバリの営業職などに匹敵する給与だったのです。これはやっと巡ってきたチャンスだと思い、即日で連絡を取ってもらって面接に漕ぎつけたのでした。

面接の際にはどんなことに気をつけたか

未経験の業種への転職だったのでアピールできる部分は特になく、その代わりやる気だけはものすごくあります!という姿勢で臨みました。

身だしなみや笑顔、履歴書の丁寧さだけはしっかりしようと意識しましたし、市役所窓口で接遇はある程度身についていたので準備にさほどの苦労や緊張は感じません。

面接では、パソコンが出来て現場に出れる人材を求めています、という感じだったのでお互いのニーズに齟齬もなく、面接自体は和やかな印象です。

面接をして頂いた、のちに直属の上司となる施設長は、少し疲れているのかきつい印象の60代女性でしたが、「いつから来れるの?」という言葉を頂いたので採用決定かと内心ガッツポーズ、「即日でも出社可能です」と答え、面接は終了しました。

実際に転職してどうだったか

ところが面接から1週間が過ぎても正式採用の電話は来ず、思えば〇日以内に電話する、もしくは不採用であれば電話しないなどの話がなかったことに気がつきました。こちらから電話をかけるのはマナー違反ではないかと迷う部分もあったのですが、なんせ月給20万円で土日祝休みの好待遇、逃がす手はないと思い確認の電話を入れました。

すると施設長の返事は「自分から連絡をしてくるかどうか、熱意があるかを待っていた。少し遅すぎるけどまぁ及第点でしょう」とのこと。その時点で多少の不信感はあったのですが、ひとまずこれで収入が安定するのならと、喜んで入社しました。

業務は相談員兼介護の仕事のみと聞いていたのですが、初日から運転したことのない大型乗用車での送迎をいきなり任されました。道も分からないなか事業所へ戻るのが遅れて施設長の罵声で出迎えられる展開が待っていました。

その後昼食まで特にレクリエーションの提供等もなく、利用者の方にはテレビを見せるかチラシで箱を折らせる作業のみをさせており、介護職員兼看護師さんも休憩所から戻ってこない有様。入浴介助ではセクハラ癖のある男性利用者を優先してあてがわれました。

施設長は朝令暮改(朝に命令を出して夕方それを変えること、あてにならないこと)どころか30分前と指示が反対になることも日常茶飯事で、少しでも自身の思惑とずれれば怒鳴り散らしては精神科の薬袋から錠剤を取り出して服用、これ見よがしにため息をつかれる。このような日々が毎日つづいたのでした。

さらに相談員として、月々の書類を市をまたいで各相談所にもっていく業務もあったのですが、これは休憩時間に行くよう指示をされたため実質休憩なし、使うのは自家用車でガソリン代の支給もありませんでした。

極めつけは事業所の登録書類。施設で見たことのない看護師さんの資格証コピーが勤務者としてファイリングされており、現場の看護師さんに尋ねると、現在は専業主婦をしている看護師の名義を有償で借りて水増ししているとのことでした。

このような状況に耐え兼ねて1年ほどで職を辞することに決めたのですが、介護職員の男性からの「もうちょっとくらいは保つとおもってたんだけどなぁ(笑)」という台詞が恐ろしく印象的でした。

人間関係、労働環境が悪い施設では利用者さんに適切なサービスはできません!

まとめ

このようにして私の介護転職は失敗に終わりましたが、相場より高い給与に釣られたこと、転職を急いだことで面接時の印象など自分の違和感を無視してしまったことなどが要因ではなかったかと思います。

本来なら介護職というのは大変意義のある仕事であると思いますし、実際に利用者の方々との交流は、孫のように可愛がってくれる方がほとんどで、とても楽しいものでもありました。それだけに、介護職の人間が安心して働くためにはその現場をしっかりつくる立場の人間の意識や質の高さはとても大事だなと痛感しました。

介護職をお考えの方へ、もし転職の際の参考になればとても嬉しいです。

面接の時に感じた印象は大切ですね!いさなさん、貴重な体験談ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年10月28日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。