精神保健福祉士から生活相談員へ、介護未経験からの転職

精神保健福祉士から生活相談員へ、介護未経験からの転職

介護転職の失敗体験談
今回お話しいただいたのは…。

  • ペンネーム:水中パンダ
  • 性別:女性
  • 年齢:30代
  • 地域:宮崎県
  • 転職前の職業:精神科病院のPSW(精神保健福祉士)
  • 転職先施設:デイサービス

転職しようと思ったきっかけ

前職では精神科で精神保健福祉士として勤務していました。担当部署は精神科デイケアの中でも高齢者の方の利用する、シルバーデイケアです。

業務内容は、入浴介助やホールの見守り、書類や帳票の整理が主でした。利用者は、歩行や日常動作は自立している方が多かったです。初めて接する精神病患者や認知症を患った高齢者のケアは、机上での学びとは違うこともあり、戸惑うことも多いですが、とても楽しい業務でした。

その後、海外留学をきっかけに退職し、帰国してから再就職をするときとに、「高齢者と関わる仕事に就きたいな」と漠然と考えていました。精神科病院に就職した場合、どの部署に配属されるかはわかりません。介護業界は初めてでしたが、高齢者と関わりながら仕事ができ、なおかつ持っている資格が生かせるということで、デイサービスの生活相談員として働くことを決めました。

もともと高齢者の方と密にかかわる仕事をされていたのですね。

転職活動

最初はネットで仕事を探していましたが、画面上のみの情報で探すのには不安もあり、ハローワークへ出向き職探しをしました

条件は、ある程度の給与と休日の保証、また家から通いやすい距離にあるかの3つです。ハローワークは当然のことながら求職中の人であふれており、お世辞にも明るい雰囲気とは言えません。私も少し暗い気持ちになっていましたが、スタッフさんの細やかで優しい気遣いに救われたことを覚えています。

求職にあたって希望や妥協できないポイントなど細かく聞いてくれて、当時の私に役立ちそうなセミナーの紹介もしてくれました。仕事は見つかっていなくても、一歩ずつでも前に進んでいる気持ちになれました。求人情報を見ていると応募期限も書いてありますし、スタッフさんに聞くと応募状況も知ることができます。そのような中で焦って応募し、転職活動を失敗することのないように心がけていました。

慎重に着実に転職活動をしているという印象ですね。

面接でのお話

面接では、介護のスキルや知識のレベルを聞かれました。当時の私は介護業界は未経験です。正直なところ、まったく自信がありませんでした

私が返答に詰まっていると、「トイレなどで移乗はできますか?」と聞かれました。移乗という言葉の意味も分からない私に、「車椅子から便座へ対象者を抱えて移すことです。」と面接官が教えてくれました。

利用者は自宅からの通いがほとんどということで、重度の方は利用しないだろうと勝手に予想していたのです。前の職場では、利用者の歩行や動作は自立していたので、大きな違いを感じ、一気に不安になったことを覚えています。

その後、生活相談員として、何が大切と思うかを聞かれました。全体を見て、冷静に指示を出す役割や、現場の雰囲気つくりのほかに、デイサービスの稼働率を上げることが重要だと思うと答えました。そのように答える人は少ないのでしょう。面接官が、稼働率の話に反応を示し、それまで上手くいっていなかった面接の空気がガラッと変わったのです。

入職後、だいぶ打ち解けてから、上司と面接の話をしていたのですが、その一言が合格の決め手になったと言われました。反省点としては、面接の短い時間の中で自分を良い風にアピールしようということに一生懸命になってしまい、労働条件や仕事内容を聞くことが疎かになっていたと思います。面接は自分の人柄や経歴を見られるだけの場ではなく、その会社を知るための最大の機会でもあるのです。働き始めてから条件の不一致が出ないためにも、遠慮せずに質問することは大事だと思いました。

出勤1日目の出来事

初日の仕事は、ホールの見守りです。ホールでは利用者さんへ挨拶して回ったり、話しかけて顔や名前を覚える努力をしました。しかしその方が場所を移動すると再び誰が誰だったかわからなくなることも多かったです。間違っていたらどうしようと名前を呼びかける勇気もなく、一日中落ち着かない気持ちで過ごしました。

慣れない仕事で何をしたらいいかもわからず、利用者さんの飲んでいる緑茶を温かいものにこまめに入れ替えていました。手持無沙汰ゆえの何気ない行動でしたが、気が利くねと喜ばれ、話しかけるきっかけにもなり良かったです。「せっかく冷ましているのに!」と怒られてしまったこともありますが…。

転職後

以前働いていた精神科デイケアの利用者は、自立歩行が可能な方のみでした。車いすや歩行器使用の方もおらず、日常での移動や外出の際に困難を感じることはほとんどありませんでした。外出レクレーションの企画や実行も比較的容易だったと思います。

転職後は、身体的な問題を抱えている利用者が多く、歩ける方でも付き添わないとふらつきがみられたり、ヒヤリとする場面が幾度もありました。

私たちは普段の日々を、「便利な世の中になったな」と当たり前に過ごしていますが、身体が不自由な人にとっては必ずしもそうではありません。本人にとっても介助者にとっても不便なことがまだまだたくさんあることに気づかされました。

たくさんの気づきを得るきっかけになった介護業界への転職でしたが、失敗したこともあります。前述したとおり、私は面接の日、緊張のあまりに気持ちに余裕がありませんでした。失敗しないようにということばかりを考えていたと思います。いざ採用通知を受け取りふたを開けてみると、社員は自分を含めて二人、そのほかは皆パート従業員でした。夕方に利用者さんを送り届けた後は、パート従業員は退勤します。その後は遅くまで残っての掃除や、帳票の作成が待っていました。

残業代が出ないという話も聞いておらず、面接の特にしっかりと条件の確認をしておかなかったことを後悔するしかありませんでした。その後は、実績を積んで信頼を得ることで会社と掛け合うことが可能になり、労働条件も徐々に改善されました

現在では社員も増え、残業代も支払われています。体力や金銭的にもきついとされている介護の世界ですが、何にも代えがたいやりがいがあります。ここまでしっかりと人間一人一人に向き合い、その方の人生に関わることができる仕事はなかなかありません。気になる方は一度、施設見学へ行ってみるのもおすすめです。

面接での質問は採用してもらうだけではなく、本当にこの施設で働くのかを見極めるため、疑問はしっかりと解消しなければいけませんね。水中パンダさん、貴重な体験談ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年11月02日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。