【200人アンケート介護職の本音】介護職はきつい?現役介護士が答える介護の現場!

【200人アンケート介護職の本音】介護職はきつい?現役介護士が答える介護の現場!

 

どんなにバリバリのベテラン介護士であっても、かつては誰でも「介護転職未経験」からスタートしました。
初めて介護職を目指した頃の自身を振り返り、場数を踏んできた「今だからこそ言えること」について介護職の本音を聞くアンケート結果シリーズ。

一般的な介護職へのイメージとして、

  • 介護職はきつい
  • 将来性がない
  • 未経験で本当にちゃんと務まるのか
  • 収入面で不安

など、ネガティブな声もよく聞かれますが、実際のところはどうなんでしょうか。

今回は、未経験から介護転職をする際に気がかりとなる「介護職ってどのくらいきついのか?」など、現場に入ってからリアルに感じていることや、「介護職へ転職しようか迷っている方へ」のアドバイス、介護職のおすすめ度などの本音を聞いてみました。
200人の回答の中からいくつかご紹介します!

今回のアンケートについて

対象:デイサービスなどの施設勤務、訪問介護に従事している現職中の介護士
回答数:227件(有効回答数200件)

介護職のおすすめ度は?

アンケート結果(※おすすめ度は★の数(6個が一番オススメする)で表記)
皆様のアンケート結果を拝見して、介護職のおすすめ度を☆6段階で集計し、まとめてみました

  • 介護職のおすすめ度は??
    ★★★★★★(36)
    ★★★★★☆(42)
    ★★★★☆☆(24)
    ★★★☆☆☆(62)
    ★★☆☆☆☆(22)
    ☆☆☆☆☆(14)

では、実際にどんな声が挙げられたのでしょうか?皆様のリアルな声をさっそく見ていきましょう!
(※アンケート結果を一部抜粋して掲載しています)

転職前に「質問しよう」「自身の目で確かめて」という声

★★★★★★(10)
介護業界を一括りにしないこと。同じ介護でも、訪問介護・訪問入浴・デイ・特養・グループホームなど様々な形態があり、法人ごとに特色が異なります。可能であれば職場見学などをして比べる事が良いと思います。(30代・男)

・はじめてだと、何を面接時に聞いて良いか分からないと思います。先輩達は、介護の仕事が嫌いになり離職してしまうという方は意外と少なく、同じ介護職として自分に合う施設、環境を探す方が多いです。可能であれば職場体験や、面接の際に現場で活躍されてる方とお会いする事は可能かを、確認してみる勇気も必要だと思います。(30代・男)

★★★★★☆(6)
・介護の業界にも種類があります。未経験でも働き方がたくさんある分自分に合う職場が見つかると思います。
どんな仕事の仕方があるのかを調べてから合いそうかな?と思ったらまずは会社に問い合わせをし、どんな勤務形態があるのか?休みや福利厚生を聞き、可能であれば見学をさせていただいて職場の雰囲気を必ず自分の目で見て確かめてください。利用者様の雰囲気はどうか、スタッフ間の雰囲気、連携している医療職との雰囲気はどうか、自分の目で確かめることで「いいところ」「悪いところ」が見えてきます。求人情報には、もちろん悪い所を載せてる会社は恐らくないので、自分の目で確かめるしかありません。(20代・女)

★★★☆☆☆(20)
・色んなサービスの形態があるので、面接で仕事内容を確認する時1日の流れを聞いてみて、自分が働いているイメージをしながらしっくりくるものがいいと思います。(40代・女)

・介護は体力的、精神的に大変な仕事だと思います。だからこそ様々な施設、自分に合った働き方、条件など妥協せずに自分に合った事業所を探してください。(50代・女)

面接の際は、具体的に仕事の良い面悪い面を聞くことと、職場の雰囲気やスタッフの利用者様への接し方を見ると良いと思います。(30代・女)

・複数探してみることをオススメします。(40代・女)

施設見学や面接の時に、余りにも余裕の無い職場(例えば挨拶もしない、緊迫した雰囲気)は、実際はさらに酷いと思います。(50代・女)

・疑問は、すぐ聞き解決した方がいい。(40代・女)

☆☆☆☆☆(2)
・仕事内容をよく確認したほうがいいです。自分の適性にあったものがいいです。(40代・男)

【こちらも読まれています】介護業界への転職体験談~成功!面接のリアル・職場見学のススメ

「きついかどうか、まずはやってみては?」という声

★★★★★★(10)

・自分に合った場所が必ずあるので諦めないで探して下さい。(40代・男)

・優しい気持ちがあればどんな方でもできるお仕事ですよ。私は前職よりお給料がアップしたのがよかったです。(20代・女)

・私はかなり遠回りして、介護という最も自分にあった職業に就きました。みなさんも仕事に対する思いは色々あると思いますが、時がくればあなたに天職が与えられたと確信出来る日が来ると信じています。(50代・男)

★★★★★☆(16)
・未経験だと実際に働かないとわからないこともあるので、非常勤やアルバイト、副業としてはじめてみることも良いと思います。(30代・男)

やりがいのある、人生で経験した方が良いと感じる仕事です。(40代・女)

・「訪問介護」と「施設介護」で、業務内容に大きな違いがあります。先ずはご自分で、介護業務に関わる目的を明確にしておくことが大切です。その上で、それぞれの業務の特徴を研究しておくことも、先々のご自身のキャリアプランを考える上で大変有益なこととなるでしょう。
施設選びは、会社の理念がご自分の目的に合致していることを、先ずは確認しましょう。良さそうであればWEB等で研究してから、実際に見学、面接となっていきます。大切なことは「介護に対するご自分の気持ち」を整理しておくこと。そうすれば、道は開けます。(60代・男)

・多種多様な現場があるのでぜひ勧めたい。(50代・女)

・合わないと感じたら、無理せずパートからなれる方法もある。(40代・女)

人との関わりが好きで大変な中にも喜びを見いだせたら、長続きすると思います。(50代・女)

★★★★☆☆(6)
・未経験であっても問題なく仕事できるし、マイナスイメージよりも自分の中でポジティブに捉えて取り組めば続けていけると思います。(30代・男)

初めてでもやる気が有れば、資格も取得も出来ます。一歩を踏み出す勇気を出して下さい。(60代・男)

★★★☆☆☆(8)
自分でここが良いかなと思ったら、行ってみるしかないと思います。その中で色々な事を感じて、そこから又考えればよいのではないかと思います。入ってみないとわかりませんので。(60代・女)

・まず実戦(相手の気持ちを大事に)しましょう。人(介護者、介助者、ご利用者)、道具が変われば同じ事は無いと思います。(基本的はあるので心配なし)(60代・男)

★★☆☆☆☆(10)
世間一般的にいわれてるほどイメージ悪い仕事ではないですよ。(40代・女)

・介護と言ってもいろいろな仕事がある。やってみないとわからないので、未経験でもまずはやってみるのもいいと思う。(30代・女)

☆☆☆☆☆(4)
・介護の仕事が自分に合うかはやってみないとわからないので、迷ったらやってみてください。(50代・男)

本音としては1度現場を体験した方がいいと思います。入ってみてのギャップが大きいから。利用者さんやご家族の方には、喜ばれていると感じられます。(30代・女)

転職前に「よーく考えてみては?」という声

★★★★★★(4)
・お仕事を探す上で何が最も重要かは人それぞれです、ご自身が望む事柄をしっかりと意識して就職先を選んで頂けたらと思います。(30代・男)

★★★★★☆(4)
楽な事書いてあるから、と気楽に始めるものではない。人の命を預かるのだから。(40代・女)

★★★☆☆☆(14)
色んな意味で心に余裕を持たないと続かない仕事だと思います。私は50歳を過ぎ、体力の衰えを感じますが、少しでも長く今の仕事を続けたいです。(50代・女)

・色々とアタリ ハズレがある。介護経験は将来的に、自分自身にも役に立つと思える。(40代・男)

常に利用者さんの立場になり、寄り添う心が大事なので、安易な動機で選択しないで欲しい。「継続は力なり」心身ともに健康である事。(70代・女)

☆☆☆☆☆(7)
甘く考えているならやめた方が良い。自分は資格取得を目指しています。(40代・男)

・前職より給与がアップしたが、体力的にきついので他の仕事を勧めたい。(40代・男)

【こちらも必読です☆】【必見!】介護転職のコツとおすすめポイントをご紹介!

④ その他いろいろな介護職の本音

★★★★★★(12)
・介護とはどんな仕事なのかを見る。自分が行う事は作業でしかなく、介護の本質として、その人がその人なりの生活を維持または向上していく支援である事。技術の不安などは、未経験からでも1年も経たずに解消する。それより、やりがいやどれだけの人に貢献出来ているかを見れる人が、質のいい介護が出来ると私は思う。(30代・男)

・お仕事を探す上で、何が最も重要かは人それぞれです、ご自身が望む事柄をしっかりと意識して就職先を選んで頂けたらと思います。自分は、どのような事情を抱える利用者様にも安心して生活していただけるような介護士になりたいです。(30代・男)

★★★★★☆(16)
・体が資本なので、自己管理能力に尽きます。(50代・男)

・初めは慣れずに大変なこともありますが、長く続けていける仕事だと思います。(40代男)

★★★★☆☆(18)
・同僚とコミュニケーションをとるように心がけることが大事。(30代・男)

★★★☆☆☆(20)
・まずは履歴書と職務経歴書の書き方を、読み手に分かりやすく! 出会いは書類から始まっています。知識と技術は何歳からでも学べます!介護の世界で待っています。(40代・女)

出勤数や時間帯など、自分の希望に合わせた仕事が必ず見つかる業種だと思うので、無理せずライフワークになられたらと思います。(40代・女)

・本音を言わせてもらうと、正直まだまだ待遇がいい職業だとは思いません。それでいながら対人ですので、精神的にやられてしまうこともあると思います。ですが、それに変わる貴重な経験ができます。「ありがとう」の一言で、明日も頑張ろうと思える充実感を味わえます。それだけやりがい、重要な職業だと思います。(30代・男)

週3ランチタイムでのパート勤務=夜勤週1位の勤務と同じような収入なので、子育てが落ち着いた主婦も、夜勤で自分の時間が増えます。満員電車も乗らないし、ステイホームの時間も増えます!(50代・女)

★★☆☆☆☆(12)
・介護職はなくなる仕事ではないので、資格だけでも持っておいた方が良い。(20代・女)

・就職難やリストラなど多い中、専門職として求人が豊富な職業です。人に直接接する仕事ならではの、面白さも大変さもありますが、自己研鑽して自分の向上心を発揮出来る職業だと思います。それと同時に、その人の人間性が大きく影響する職業とも言えます。(40代・女)

稼げる業界なのでしっかり頑張る事。いま目指しているのは、人工呼吸器装着者対応の喀痰1号、介護福祉士を取得しておきたい。(40代・男)

・一番最初に携わった現場はケアの項目が沢山あって、水分とる暇がないくらいに目まぐるしく忙しく、大変なALSのご利用者さまの日勤勤務でした。
今思うと覚える事が沢山あって、最初は大変で不安な日々でしたが、最初にとても大変な方の現場に入ったほうが、精神的にも技術的にも仕事を覚えられたりするので、今もこうして続けられてる気がします。
その現場の研修は、他事業所のベテランの介護士さんから受けましたが、その方の教え方がシンプルでとてもわかりやすく、安心感もありました。これからお仕事はじめようと思ってる方は、納得いくまで現場のスタッフや看護師さんに質問したほうがよいと思います。(40代・女)

☆☆☆☆☆(1)
頑張りすぎないようにする。切り替えをじょうずに。楽しく生きる!(60代・女)

⑤ まとめ

アンケート結果から得られた現職で活躍中の介護職の本音、様々な声がありましたがいかがでしょうか。
介護転職未経験から始めてみようか?とお悩み中の皆さまにとって、少しでもご参考になれば幸いです。

【あわせて読みたい!】【アンケート】現役介護職の本音~介護に転職した時のこと、今思っていること
【あわせて読みたい!】介護転職経験者が薦める「介護職向けのオススメ転職サイト」とその比較

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

※掲載情報につきましては、 2021年02月22日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。