ケアマネジメントのプロセスとは?一連の流れとポイントを紹介します

ケアマネジメントのプロセスとは?一連の流れとポイントを紹介します

高齢者福祉分野において、現在取り入れられている手法がケアマネジメントです。ケアマネジメントとはサービスや支援を必要とする利用者と、課題やニーズを解決してくれるサービスや社会資源をつなぎ合わせる手法のことを指します。介護保険制度の中では、現在ケアマネジャーがケアマネジメント業務を行っています。

ケアマネジメントには一定のプロセスがあり、まずはプロセスに従って業務を進めていくことが大切です。今回はケアマネジメントの一般的なプロセスと、各プロセスにおけるポイントについて紹介します。

 

【ケアマネージャーってどんな仕事?】気になる方はこちらをチェック!

【ケアマネージャーってどんな仕事?】気になるケアマネージャーの仕事を覗き見♪

ケアマネジメントの一般的なプロセスとは?各場面におけるポイントも解説

プロセスケアマネジメントのプロセスは一定です。書籍やインターネットのサイトによっては項目数に違いがありますが、基本的な内容に変わりはありません大きく分けるとアセスメント、ケアプランの作成と実践、モニタリングですが、今回はさらに細かく分けて解説をします。

インテーク

インテークとは受付という意味です。利用者本人や家族の他、関わっている関係機関から間接的に相談が来ることもあるでしょう。インテーク時のポイントは信頼関係構築のための第一印象になると理解しておくこと、そしてアセスメントの一つとして捉えることの2つです。

信頼関係構築のための第一印象になる

ケアマネジメントを実践していく中では、利用者や家族との信頼関係は欠かせません。支援者の第一印象は信頼関係を作るためのスタートライン。第一印象の良し悪しが、今後の利用者との関係に影響を及ぼすといっても過言ではないのです。

笑顔で優しい口調を心がけ、丁寧な対応をしましょう。

アセスメントの一つとして捉える

インテークではまだ実際に利用者との面談は始まっていません。しかしインテークの段階でアセスメントできる点はたくさんあります。利用者の年齢や疾患の有無、家族構成、生活環境など、簡単に聞き取れることは聞いておきましょう。

アセスメント

アセスメントの目的は、面談や訪問などの作業を通して利用者が抱えるニーズやデマンド(要望、要求)を明らかにすることです。

健康状態や家族の状況、ADL(日常生活動作)、ストレングス(本人の強み)などを分析します。

一緒に解決策を考える姿勢を持つ

アセスメントのポイントは、利用者や家族と一緒に解決策を考える姿勢を持つことです。ケアマネジャーの態度によっては、利用者や家族は持っている意見を伝えられないことがあります。

ケアマネジャー主体ではなく一緒に考える姿勢を持つことで、利用者や家族から正しい情報を得ることができるようになるでしょう。

ケアプランの作成と実践

スーツの男性

アセスメントによって課題を分析できたら、具体的なサービスを載せたケアプランを作成します。作成したケアプランをベースにしてサービス担当者会議を開催し、利用者の情報や課題、目標などを共有しなければいけません。

担当者間で合意が取れれば、福祉サービスが各事業者で実践されます。

分かりやすい文章で書く

ケアプランは分かりやすい文章で書きましょう。そもそもケアプランとは、利用者のためのものです。馴染みがない専門用語は使用せず、誰が読んでも理解しやすい平易な文章で書くようにしてください。

サービス自体が目的とならないようにする

サービスの利用自体が目的とならないようにすることも大切です。あくまでもサービスは、利用者のニーズやデマンドを解決するためにあるもの。どのようなニーズやデマンドがあるのかを明確にした上で、サービスをつなぎ合わせるようにしましょう。

モニタリング

モニタリングとは計画したサービスが適切に提供されているか、利用者のニーズやデマンドに変化がないかどうかを振り替える作業を指します。

変化を逃さないようにする

モニタリングで大切なことは、利用者の変化を逃さないようにすることです。健康状態やADL、家族の状況、気持ちの変化など、当初ケアプランを立てた頃と比較をして変わったことを見逃さないようにしましょう。

前もって用者一人ひとりの変化しやすい部分をピックアップしておくことで、モニタリングの際に見逃さなくて済むようになります。

再アセスメント

モニタリングの結果、ケアプランの内容を修正・変更する必要があれば、再アセスメントを行います。新たに発生した課題に対しての解決策を考え、必要に応じて新しいサービスを導入しましょう。

必要に応じて支援体制を作り直す

再アセスメントの結果から、これまで提供していたサービスでは足りないと判断した場合、支援体制を作り直す必要があります。既存の枠に捉われることなく、たくさんある社会資源を活用して支援体制を作っていきましょう。

まとめ

高齢者に声をかける介護士

まずは面談や訪問によってニーズをアセスメントして、具体的なケアプランを作成します。サービスが提供され始めたら定期的にモニタリングを行い、サービスが適切に提供されているか、ニーズは変化していないかを確認しなければいけません。モニタリングの結果に応じて再アセスメントを実施し、支援体制を再構築していきます。

質の高いケアマネジメントを行うためには、プロセスごとにあるポイントを抑えることが大切です。

 

~この記事を読んでいる方は、こんな記事も読んでいます~

【事例でわかる】本人の意向に沿ったケアプランの書き方 

(Posted by Ahmad)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年04月10日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。