中卒でも介護業界の就職ができる! 押さえておきたい5つのポイント

中卒でも介護業界の就職ができる! 押さえておきたい5つのポイント

成功までのステップ

こんにちは。社会福祉士・介護福祉士の笑和です。

現在、介護分野は慢性的な人手不足です。私が以前勤めていた高齢者福祉施設においても人員不足は常態化しており、何度も上司に新入職員の採用の有無を確認するほどでした。他の施設も同じような悩みを抱えているのだと感じます。

これは、裏を返せばいわゆる「売り手市場」であるため、介護分野の就職活動はさほど困難ではないことを意味しています。

私が介護現場を経験しているから言えることですが、介護分野での就職を目指すうえで、学歴はあまり関係ありません。

最終学歴が中卒の人でも就職することができるうえ、介護福祉士等の上位資格を目指すことができます。

自分に当てはまる人は、この記事を読んで介護分野の就職、上位資格の取得を目指してキャリアアップを図りましょう

学歴は本当に関係ないの?

書籍で勉強

介護の現場が新入職員に求めるものは、「学歴」ではありません。人事担当者がよく口にするのは「コミュニケーション能力等の資質」で、次いで「現場経験」「資格」等です。

よって、最終学歴が中学校卒業の人でも、「介護の仕事がしたい!」という熱意があれば、就職は充分可能です。

求人はあるの?

求人

ハローワークのみならず、インターネットで閲覧できる介護に関する求人のなかには「学歴不問」「未経験者歓迎」などのキーワードがたくさん出てきます。

先述のとおり、学歴はさほど重要ではなく、中卒以上であれば未経験者でも正社員として、パートタイム労働者として就職することが可能です。

実際にお仕事を探してみる

本当に学歴は不問?

求人票によっては、「高校卒業」を必須条件と記載しているものがあります。しかし、施設側が求める人材は学歴ではありませんので、学歴が無くとも気負わずに、人事担当者へ相談してみましょう。

同等の学力が認められる場合や、介護の仕事がしたいと熱意が伝われば、ご縁が開けるかもしれません。

正社員の求人はある?

学歴を不問とする求人が多いため、中卒でも正社員になることはできます。求人の条件は多岐にわたり、「契約社員」「パートタイム」「扶養内労働」等、様々です。

先述のとおり、介護現場は人手不足が深刻であるため、様々な働き方を求めるあらゆる人たちに門戸を開いているといえるでしょう。

自分の希望する働き方に合わせて求人情報を整理し、優先順位を付けてみるといいでしょう。

有資格者が優遇される?

いくら学歴が無関係だとはいえ、介護に関する資格を持っている人はアドバンテージがあります。つまり、就職活動を有利に進めるうえでは、後述する初任者研修以上の資格を持っておいた方が良いです。

資格を持つということは、時間の長短はあるものの、介護に関する専門の学習をしてきたと見なされ、即戦力として活躍できる確率が高いということを表します

また、施設によっては、所有資格の難易度によって資格手当が付きます。必須ではないものの、持っておいた方が良いと言えます。

自動車免許は必要なの?

自動車

普通自動車免許を持っておくと求人の幅が広がるのは間違いありません。これは利用者の送迎をしたり、急変したりした際に、場合によっては移送するうえで必要となるものです。

このようなケースは頻繁に起きるものではありません。万が一に備えて、持っておいた方が良いという程度のものです。

お給料

貯金箱

施設の規模、種別(入所・通所)によって給料は異なりますが、初任給は、大学や短期大学・専門学校卒の介護職員と大差はありません。

ひとつの例を示すと、入所施設の場合、月給「180,000円~210,000円」の求人票がありました。これに資格手当・夜勤手当が付いたり、残業代がプラスオンされたりするようです。

【これを読んだあなたはラッキー!稼げる介護事業所を教えちゃいます】

今後稼げるねらい目の介護事業所の種類

目指したい上位資格

セミナー会場

次に紹介する介護系資格は、中卒でも取得が可能なものです。また、持っていると給料が上がったり、昇進スピードが早くなったりして自分を助けてくれる武器になります。

また、転職をするうえでも有利になる資格なので、時間と手間と費用がかかりますが、取得しておきましょう。

初任者研修

旧ホームヘルパー2級資格です。中卒者でも受講することができます。

介護職員として働く(入所・通所問わず)うえで、最低限身に付けておくべき知識と技術を学ぶ研修です。最短で1ヶ月程度で取得できるうえに、修了試験はさほど難しくないため、比較的取得しやすい資格だといえます。

実務者研修

旧ホームヘルパー1級資格です。中卒者でも受講することができます。

初任者研修と比べて、より専門的な知識・技術を学ぶ研修です。より専門性が高くなるため、初任者研修よりも長い時間をかけて受講します。最短で6ヶ月程度で取得できます。初任者研修を修了していると、一部の科目履修が免除になります。

国家資格・介護福祉士

介護分野における国家資格である介護福祉士です。中卒者でも介護の実務経験が3年以上あり、実務者研修を修了していれば国家試験を受験することができます。

介護福祉士は、介護に関する専門知識及び技術をもって業務に当たることが求められる役割であり、日本国が認めたプロフェッショナルです。提供する介護の質を担保する国家資格であるといえます。

介護福祉士の合格率は、約70%代前半です。比較的取得しやすい資格なので、自己学習でも充分に手の届く国家資格だと思います。

まとめ

繰り返しにはなりますが、介護分野は人手不足が深刻化しています。売り手市場である業界であるため、中卒の人でも十分に就職・キャリアアップが目指すことが可能です。

未経験の人でも、まずは就職して介護の経験を重ねてながら上位資格を目指しましょう。

「資質」「資格」「経験」がそろえば、就職活動・転職に有利になることは間違いありません。自分の希望する方向へキャリアアップを進めましょう。

(Posted by 笑和)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2019年10月03日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。