介護業界に転職する際の履歴書の書き方~自己PR・志望動機のポイント~

介護業界に転職する際の履歴書の書き方~自己PR・志望動機のポイント~

年々高齢者が増えている現在の日本では、必然的に介護を必要とする人口も急速に増加しています。

同時に、介護現場での労働力は不足しているため、求人情報が数多く掲載されており、未経験者であっても介護業界に転職する人は多くなっています。

しかし、実際に介護業界に転職する場合、どのような点をアピールしたり、どのような志望動機が求められるのか分からないという人もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、今回は介護業界に転職する際に知っておきたい「自己PR・志望動機の作成ポイント」についてご紹介します。

介護転職面接でよく聞かれる質問「夜勤や残業はできますか」へはどう答えたらいい?

介護業界の特徴

車いすを押す介護職員

介護業界で働いたことがない人にとって、介護現場でどのような仕事が行われているのか具体的にイメージがわかないという人も多いのではないでしょうか?

そこで、まずは履歴書を書く前に、最低限知っておきたい介護業界の特徴や代表的な業務について押さえておきましょう。

介護業界は他の業種と異なり、介護保険制度と呼ばれる公的制度によって成り立っています。

介護サービスを提供すれば、それに対する料金が発生しますが、そのほとんどが国から支払われているという点が大きな特徴と言えるでしょう。

そのため、「介護サービスを提供して利用者からお金をもらえば終わり」という訳にはいかないので、介護業界には様々な職種の人が必要になってきます。

主な職種は以下の通りです。

介護職・ホームヘルパー

介護施設や利用者の自宅にて、実際に食事や着替えなど身の回りのお世話やサポートをする仕事。一般的によく知られているため、イメージしやすいかもしれません。

ケアマネジャー(介護支援専門員)

利用者に合わせて必要なケアプランを作成する職種。サービスが適切に提供されているかをチェックしたりするので、資格が必要です。

【ケアマネージャーの必要資格はこちらをご覧ください】

【ケアマネージャーの資格要件】受験資格や勉強法、合格率を解説

生活相談員

利用者本人や家族の相談に乗って、介護施設への入所手続きや連絡・調整など広範囲の業務を行う仕事。介護に関する幅広い知識が必要になるため、社会福祉士などの資格や一定の介護職経験が必要とされます。

【生活相談員になるにはどうしたらいいの?にお答えします!】

キャリアアップを目指す方必見!生活相談員になるには

営業職員

介護施設の利用拡大のために、自治体へのサービス案内や地域での営業活動を行う職種。

介護事務員

介護保険制度に基づいて利用者に請求書を作成したり、国や自治体に対して介護報酬の請求を行う仕事です。書類やファイル整理、電話や来客対応をする場合もあります。

自己PRの作成ポイント

的を得た履歴書を作ろう

介護業界について理解を深めたところで、ここからは、実際に履歴書の自己PRを作成する上で押さえておきたいポイントについてご紹介していきます。

自分の強みを整理する

自己PRを書こうとすると、どうしても言いたいことがたくさん出てきてしまい、結局何が一番の強みなのか分からなくなってしまう、というケースが多く見られます。

もちろん人間の魅力は1つだけではありませんが、「希望する介護の仕事において、一番力を発揮するであろう強みはどれなのか?」ということを意識して、自分の強みを整理するところから始めると良いでしょう。

強みは経験に基づいているか?

アピールしたい強みを「これだ!」と決めたら、今度は実際にその強みを裏付けるエピソードや経験があるかどうかを検証しましょう。

たとえば、「前の職場でどのようにその強みが発揮されたのか」という事を、成果と共に具体的なエピソードを交えて紹介すると、採用担当者にもあなたの魅力が伝わりやすくなると言えます。

志望動機の作成ポイント

転職したい気持ちが強ければ強いほど、志望動機にも熱が入るものですが、あなたの熱意を正しく採用担当者に理解してもらうためにも、以下のポイントに気を付けて志望動機を作成してみましょう。

なぜ介護の仕事をしたいのかを考える

動機を明確にしよう

最も重要視されるポイントは、「なぜ介護業界に転職したいのか?」ということです。

もちろん、人それぞれ色々な事情があって転職を考えるはずですが、そうは言っても「将来性にひかれた」などと言った漠然とした理由では、なかなか採用担当者の心を動かすことは難しいです。

だからこそ、なぜ介護の仕事をしようと思ったのか、介護の仕事を通してどうなりたいのか、といった事を具体的に考えて志望動機に反映させましょう。

なぜその事業所に応募したのかを考える

数ある介護事業所の中で、その事業所に応募するには何かしら理由があるはずです。

だからこそ、介護業界だけでなく、応募する事業所についてはしっかりと調べて、自分が感じた魅力や、自分のスキル・経験が活かせる理由について明確に説明しましょう。

ここは、採用担当者も気になるところですので、時間をかけて考えましょう。

まとめ

売り手市場であるとは言え、介護業界で働きたいという人も多くなっており、好条件の事業所や施設には働きたいという人も殺到します。

だからこそ、介護の仕事について正しく理解し、自己PRと志望動機のポイントをしっかりと押さえた履歴書を書いて、周りとの転職活動に差をつけましょう。

一般面接とは違う!介護職の面接で面接担当者が見ている4つのポイントはここだ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2019年12月20日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。