【令和3年度(第34回)介護福祉士 国家試験】申込み時期を逃すな!受験ポイントまとめ解説

【令和3年度(第34回)介護福祉士 国家試験】申込み時期を逃すな!受験ポイントまとめ解説

介護福祉国家試験って?
毎年1月に筆記試験、3月に実技試験が行われる介護福祉士国家試験。受けるためには決まった時期に申し込みが必要です。

毎年この申し込みに不備があった、申し込み忘れていた、などの理由で泣く泣く受験時期を1年以上先延ばしせざるを得ない受験生がいます。介護福祉士国家試験は1年に1回しかありませんので、1年先延ばしとなるのは避けたいですよね。

こんな経験をしないためにも、今回は漏れなく介護福祉士国家試験の申し込みができるようにレクチャーします。

令和3年度(第34回)介護福祉士国家試験について

令和3年度 介護福祉士国家試験の申し込み時期~試験予定日

第34回試験(令和3年度・予定
2021年
受験の手引き:7月中旬頃から請求可能
詳細はこちら・公益財団法人 社会福祉振興・試験センター

申し込み時期:8月上旬から9月上旬

2022年
1月下旬 筆記試験
※(34試験地)北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、福島県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県


3月上旬 実技試験  ※(2試験地)東京都、大阪府


3月上旬 合格発表

介護福祉士国家試験の受験資格

介護福祉国家試験の申し込みができる方は、受験する本人のみです。
代理人の申し込みは基本的にできないため注意しましょう。

申し込みができる対象の方は、以下のようになります。

  • 介護福祉士養成施設(2年以上)を卒業(修了)した方
  • 福祉系大学等を経てから介護福祉士養成施設(1年以上)を卒業(修了)した方
  • 3年以上(従業期間3年以上、従事日数540日以上)介護等の業務に従事した方で、実務者研修を修了した方
  • 3年以上(従業期間3年以上、従事日数540日以上)介護等の業務に従事した方で、介護職員基礎研修と喀痰吸引等研修(第1号研修または第2号研修)を修了した方
  • 福祉系高校を平成21年度以降に入学して、新カリキュラムを履修して卒業した方
  • 特例高校(高校:平成21~25、28~30年度・専攻科:平成21~25、28~31年度に入学)して、卒業した翌日後に9か月以上(従業期間9ヶ月以上、従事日数135日以上)介護等の業務に従事した方
  • 福祉系高校を平成20年度以前に入学して、旧カリキュラムを履修して卒業した方
  • 外国籍のEPA介護福祉士候補者で実務経験3年以上(※国籍別に要件あり)

介護福祉士国家試験申し込み方法

必要書類は?
それでは、介護福祉士国家試験の申し込み方法を具体的にご紹介します。

必要なものは?

介護福祉士国家試験の申し込みをするためには、6月下旬頃から配布される介護福祉士国家試験『受験の手引』が必要になります。

自分が申し込みをする年にこの手引きを取り寄せ、そこに記載されている提出書類を準備します。
なお、介護福祉士国家試験の受験料も、申し込みの際に納付しますので準備しておきましょう(参考までに、前回の令和2年度は15,300円でした)。

また、実務経験を経て申し込みをされる方は、実務経験証明書が必要になります。この書類は取り寄せる受験の手引きの中に同封されているものの、複数の施設での実務証明書が必要な場合は追加で取り寄せることが必要です。

ホームページで追加でダウンロードもできますので、覚えておきましょう。

どこから申し込む?

申し込みは郵送ですので、自宅で申込書を記入することができます。

書類の記載内容に不安があるという方は、通学している場合は学校や、介護系に勤務している場合は職場などで誰かにチェックしてもらうと良いでしょう。

申し込みまでの流れ

介護福祉士国家試験の申し込みのために必要となる『受験の手引』は6月下旬頃から取り寄せることができます。

まずは、社会福祉振興・試験センターのホームページ、または はがきで受験の手引きを請求しましょう。そして、手引きに記載されている書類を集め、必要事項を記入し受験料の納付を済ませ、申し込みをします。

第34回(令和3年度)介護福祉士国家試験の受験申し込み手続きの概要はこちら

【「手引き」を取り寄せる前から出来る準備もあります!】

申し込み後に記載内容に変更があった場合は?

申し込み後に例えば住所が変わった、結婚して氏名が変わったという場合には必ず届を出す必要があります。

受験申込書記載変更届の提出

これは介護福祉士国家試験の申し込み後に記載内容が変わったという方が提出する書類になります。

この書類を提出するのみで、特に戸籍抄本など氏名や住所が変わったことを証明する書類は必要ないとしています。氏名や住所など記載内容が変更になったら速やかにこの書類を提出しましょう。

非常にまれですが、この書類を出したことによって申し込みも完了したと勘違いしてしまう方もいるようです。申込書を提出したうえで適用となる書類ですので、申込書は別途、必ず出しましょう。

この記事おすすめです!受験勉強法から試験当日の問題の解き方のコツまで解説】

【働きながらでも資格は取れる!】現役介護福祉士が効率の良い勉強法教えます

過不足なく申し込みを済ませよう

不備チェックを慎重に
申し込みの書類や詳細な手順については、申し込みの2~3か月前にならないと発表されませんので
自分の受験する年の申し込み詳細が発表されたら、受験手引きを請求してすべてに目を通し過不足なく書類をそろえて申し込みをしましょう。

申し込みについてわからないことがあった場合には、介護士国家試験を行う公益財団法人 社会福祉振興・試験センターの情報をチェックしてください。

(Pisted by Ray)

こちらの記事もおすすめです!

【例題つき】介護福祉士の国家試験について知りたい!まるごと解説します!

ユースタイルカレッジのサイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

※掲載情報につきましては、 2020年09月22日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。