認知症ケア専門士とは?受験資格や対策まで徹底解説

認知症ケア専門士とは?受験資格や対策まで徹底解説

車椅子の高齢者とヘルパー
認知症は珍しい病気ではありません。しかし、実際に認知症の症状や特性を正しく理解していない方も多く、中には偏見がある方もいるでしょう。

今後、認知症患者の人口は増えると予想されています。そんな時代に活躍が期待される資格のひとつとして「認知症ケア専門士」があります。

この記事は、認知症ケア専門士の資格や受験方法、対策を徹底解説していきます。

認知症ケア専門士とは?

「認知症ケア専門士」とは、認知症ケア学会が認定した、認知症ケアに対する高い知識と専門性が求められる資格です。

家族間や介護現場で起きる認知症が原因となるトラブルは、正しい知識や理解がないことが影響している場合が多くあります。認知症ケア専門士であれば、認知症の正しい知識を認知症の人や家族、現場のスタッフに伝えることができるはずです。

国も認知症に対して様々な政策を掲げており、今後より活躍が期待される資格です。なお、資格は更新制となっているため、より新しい知識の勉強ができるのです。

もし、これから認知症のケアを中心に行いたい、あるいは認知症に関わる仕事をしたいと思うのであれば、ぜひ認知症ケア専門士についても知っておきましょう。

認知症ケア専門士試験の概要は?

試験は一次試験と二次試験で構成されています。

一次試験では、「認知症ケアの基礎」「認知症ケアの総論」「認知症ケアの各論」「認知症ケアにおける社会資源」の4分野から各50問出題され、計200問のマーク式試験となっています。形式は五者択一式で、二次試験に進むには各分野いずれも70%以上の正答率が必要となります。

二次試験は「論述試験」「面接試験」が行われます。論述試験は、事例に対する論述が問われ、面接試験では6人グループで行われ、内容はテーマに則した1分間のスピーチとディスカッションとなっています。

なお、試験内容は認知症ケア標準テキストに基づき出題され、購入する場合には認知症ケア学会ホームページより申し込むことが可能です。

認知症ケア専門士の受験資格と更新要件

勉強しているイメージ
認知症ケア専門士の受験資格には、過去10年間で認知症ケアに関連する施設、団体で3年以上認知症ケアの実務経験が必要となります。基礎資格は関係ないため、介護福祉士やケアマネジャーでなくても受験をすることができるのです。

また、実務経験を証明する団体は認知症専門の施設などである必要もないため、3年以上の実務経験と認知症の方に関わる機会があれば、証明書を提出することができます。

更新時には学会規定の講習に参加し、必要な単位数を取得しておく必要があります。

気になる合格率は?

2005年から始まった認知症ケア専門士の資格制度ですが、年間5千人から多い年には1万人が受験しています。

一方、合格率は40~60%で推移しており、年間2千人以上の方が合格しています。

受験資格に基礎資格はありませんが、保有資格の内訳では「介護福祉士」「ケアマネジャー」「ヘルパー」の方が多く受験しています。次に「看護師」の方が多く医療・介護問わずに注目されてきている資格と言えるでしょう。

認知症ケア専門士の受験対策

認知症ケア専門士に合格したい場合には、認知症ケア学会が実施している試験対策講座を活用するものよいでしょう。講義はもちろんですが、模擬試験も行われているため苦手分野や試験の傾向を把握するのにも役立つはずです。

他にも、学会ホームページでは講義動画も配信されているため、試験対策講座に参加するのが難しい場合には参考にするとよいでしょう。

認知症ケア上級専門士

認知症ケア専門士からよりステップアップしたい場合には「認知症ケア上級専門士」という資格があります。

認知症ケア上級専門士は、認知症に対する基礎知識や社会資源の活用方法のみではなく、ケアチームにおけるリーダーや地域のアドバイザーとしての役割が求められる資格です。

受験資格は認知症ケア専門士として3年以上の経験があり、認知症ケア専門士に関する講義などを受講し必要単位数を取得しておく必要があります。さらに、学会主催の認知症ケア上級専門士研修会を修了し、規程されている事例報告や発表、論文投稿などの要項を満たした場合に受験できるのです。

受験資格を得るためにもかなりの勉強が必要なため、「認知症についてのスペシャリスト」になりたいのであれば、ぜひ検討してみる価値があるのではないでしょうか。

活躍の場が拡がる認知症ケア専門士

高齢者とヘルパーのイメージ
介護現場では人材不足も問題となっていますが、高齢化に伴い認知症の方も増えているため、認知症に対する高い専門性や知識も必要とされています。

グループホームなどの仕事はもちろん、オレンジカフェや認知症養成サポータといった地域で活躍する際にも「認知症ケア専門士」の資格は役に立つはずです。

より活躍の場を拡げたい 、あるいは認知症を深く学びたい場合には認知症ケア専門士の資格を検討してみてはいかがでしょうか?

 

併せて読みたい!認知症介助士の資格についての記事はコチラ!

【認知症介助士】とは?受験資格や試験内容など徹底解説!

(Posted by 大世渡渉)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年02月28日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。