【介護福祉士の上位資格】認定介護福祉士とは?受験資格や取得のメリットについて詳しく紹介

【介護福祉士の上位資格】認定介護福祉士とは?受験資格や取得のメリットについて詳しく紹介

介護福祉士という資格は聞いたことがあるけれど、認定介護福祉士という言葉は聞いたことのない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、名称は聞いたことあるけれど具体的にどのような資格なのかを知らないという方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは、認定介護福祉士がどういった資格なのかを詳しくご紹介していきます。

 

認定介護福祉士とは?

認定介護福祉士とは2015年12月からスタートしたもので、介護福祉士の上位資格として位置づけられています。

介護福祉士は国家資格ですが、認定介護福祉士は『一般社団法人 認定介護福祉士認証・認定機構』が開始した民間資格です。

 

認定介護福祉士の役割とは?

認定介護福祉士の役割は多岐にわたり、さらなる専門知識を身に着けることで質の高い介護を提供できるようになります。

さらにこの資格で注目したいのが、介護施設だけでなく地域におけるさまざまな施設で役割を担うことができるという点です。

例えば、さまざまな施設においてリーダーという立場に立つことができるようになります。病院など介護と他職種が共に働く場所では、いわば介護の代表として介護の必要性を医療的な根拠をもって他職種に説明することができるようになります。

また、教育者としての位置づけもされるようになるため、現認教育や新人教育を一任されることもあります。

介護福祉士の女性

認定介護福祉士ができた背景

認定介護福祉士の資格ができた目的は『継続的な教育機会を提供し、資質を高め、社会的な要請に応えていくこと』とされています。

ここには、介護福祉士のキャリアアップが関係していると考えられます。

認定介護福祉士で介護福祉士のキャリアアップを

介護福祉士は資質向上の責務が課せられている一方で、その資質を目に見える形で証明する方法がありませんでした

認定介護福祉士の資格を作ったことによって介護福祉士の資格取得後のキャリアパスの形成をすることができ、さらなるキャリアアップができるようになりました。

介護福祉士の男性

認定介護福祉士の受験資格は?

認定介護福祉士の資格は、認定介護福祉士養成研修を受けて必要な単位を取得することで得ることができます。

しかし誰もが受けられるというわけではありません。

認定介護福祉士の受験資格は介護福祉士の資格を取得している方で以下の要件を満たす方になります。

Ⅰ類

(1)次のアからウのいずれをも満たしていること。
ア 介護福祉士資格取得後の実務経験5年以上(実務経験の考え方は介護福祉士国家試験の受験資格に準ずる)
イ 介護職員を対象とした現任研修の受講歴として、100 時間以上の履歴を有していること。
ウ 研修実施団体の課すレポート課題又は受講試験において一定水準の成績を修めていること。ただし、機構の定める研修を修了している場合は免除する。
なお、レポート課題又は受講試験の実施は、「認定介護福祉士概論」を実施する研修団体において行うこと。

(2)次のエ又はオを満たすことが望ましいこと。
エ 介護職の小チーム(ユニット等、5単位取得ができるのは介護福祉士資格を有する者であること。
5~10 名の介護職によるサービス提供チーム)のリーダー(ユニットリーダー、サービス提供責任者等)としての実務経験を有すること。
オ 居宅、居住(施設)系サービス双方での生活支援の経験があること。

Ⅱ類

(1)次のア、イのいずれをも満たしていること。
ア.認定介護福祉士養成研修Ⅰ類を修了。
イ.介護職の小チーム(ユニット等、5~10 名の介護職によるサービス提供チーム)のリーダー(ユニットリーダー、サービス提供責任者等)としての実務経験を有すること

(2)次のウを満たすことが望ましいこと。
ウ.居宅、居住(施設)系サービス双方での生活支援の経験をもつこと。

これらに当てはまらない方は介護福祉士の資格を持っていても、認定介護福祉士の資格を取ることはできません。

 

【働きながらでも資格は取れる!】現役介護福祉士が効率の良い勉強法教えます

認定介護福祉士の資格は持ってた方がいい?

最後に気になるのは、認定介護福祉士の資格は持っていたほうが良いかということですね。

その答えはずばり、どちらでも良いです。この理由は以下のようになります。

給料

資格への対応は職場によって分かれる

認定介護福祉士は国家資格ではないため、資格を取得したとしても待遇は職場によって異なります。

そのため学びを深めるということが目的の場合、資格取得は大いに役立ちますが、

給料アップが目的の場合は、資格を取っても給料は変わらないことがあるため事前に確認すると良いでしょう。

立場を優遇する職場も

資格そのものにおいて給料の加算などをしている事業所は少ないですが、資格を持っていることで管理者を任されるなど、立場を優遇するところもあります。

これによって立場による手当が出るため、給料アップに結びつく可能性もあります。

認定介護福祉士はスキルアップのための資格

認定介護福祉士は、認定開始からまだ5年ほどしかたっていない資格です。介護士のさらなるスキルアップが可能な資格として、注目が集まっています。

スキルアップをしたい、管理者を目指して幅広く活躍したい!という方は、資格取得を検討してみてくださいね。

(Posted by RAY)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年09月17日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。