【主任介護支援専門員】の資格を取ってキャリアアップしよう!

【主任介護支援専門員】の資格を取ってキャリアアップしよう!

主任介護支援専門員って?
主任介護支援専門員
は、2006年介護保険改正時に新しく創設された資格です。介護支援専門員の上級資格と位置づけられています。

この記事では、主任介護支援専門員のなり方、役割、介護支援専門員との違いなどを解説していきます。

主任介護支援専門員の役割

主任介護支援専門員は介護支援専門員の助言や指導役、地域包括ケアシステム構築の実践者としての役割があります。
通常の介護支援専門員として利用者に対するマネジメントやサービス事業所との連絡調整も主な仕事になります。

その他、地域包括ケアシステムの中で行っている地域ケア会議は、主任介護支援専門員が中心となって開催しています。

例えば、困難ケースの支援に対して関係する多職種が集まり検討することで個々の介護支援専門員のケアマネジメントの実践力の向上、地域資源の発掘、地域のネットワークづくりなどを一緒に考え、教える場となっています。

主任介護支援専門員の資格を取得するには?

資格は主任介護支援専門員の研修を修了することによって得られます。
受講条件は都道府県によって若干内容が異なりますが、以下の要件が柱となっています。

  • 専任の介護支援専門員として従事した期間が通算して5年(60ヶ月)以上ある(管理者との兼務は期間として算定可能)
  • 「ケアマネジメントリーダー活動等支援事業の実施及び推進について」 (平成14年4月24日老発第0424003号厚生労働省老健局長通知) に基づくケアマネジメントリーダー養成研修を修了した者又は日本ケアマ ネジメント学会等が認定する認定ケアマネジャーであって、専任の介護 支援専門員として従事した期間が通算して3 年(36 ヶ月)以上ある(管理者との兼務は期間として算定可能)
  • 主任介護支援専門員に準ずる者として、現に地域包括支援センターに配置されている
  • 介護支援専門員の業務に関して知識と経験がある


主任介護支援専門員の研修は都道府県にて年1~2回、2~3ヶ月程度、計12日間にわたって「主任介護支援専門員研修ガイドライン」に沿って行われます。

具体的には

 

  • リハビリや福祉用具の活用
  • 看取りなどにおける看護サービス活用
  • 認知症
  • 入退院時などにおける医療との連携
  • 家族への支援の視点
  • 社会資源の活用にめけた関係機関との連携

 

など、状態に応じた多様なサービスの調整の実践事例と多岐にわたります。

講義は実践事例に対するマネジメントではなく、実践事例を担当する介護支援専門員に対しての助言や支援、改善指導の知識・技能の修得を目的としています。以上の講義を12日間すべて修了し、主任介護支援専門員の資格を取得することができます。

また介護支援専門員は5年ごとの更新があります。主任介護支援専門員の資格も同様に5年ごとの更新制の資格となっています。

主任介護支援専門員研修の受講費用

費用のイメージ
都道府県単位で研修が行われており、受講費用は都道府県によって異なります。

昨年度の金額を確認すると、東京都52,600円、大阪府60,000円、愛知県55,000円となっています。全国共通の資格ですが、都道府県に任されており、安い地域は20,000円台、高い地域は60,000円以上の受講費用がかかります。

詳しい受講費用は各都道府県の研修担当ホームページに掲載されているため、ご確認ください。

主任介護支援専門員の資格を取得するメリット

平成30年介護報酬改定において居宅介護支援事業所の管理者要件が変更になり、主任介護支援専門員の資格が必要となりました。

改定当時は令和3年まで介護支援専門員であっても管理者を行うことが可能という経過措置が認められていました。しかし主任介護支援専門員の絶対数が少ないため、さらなる経過措置の延長が決定されました。

ただし、あくまで管理者要件が成立する前に管理者となった介護支援専門員いる事業所のみになります。新規事業として居宅介護支援事業所を始める場合の管理者は、主任介護支援専門員の資格が必要です。

また居宅介護支援事業所の中で「特定事業所加算を取得している事業所」は主任介護支援専門員の配置が義務つけられています。

介護支援専門員実務者研修受講試験は年々難しくなり、合格率が10~20%の間を推移しています。試験に合格し、5年以上の実務経験が主任介護支援専門員の資格取得には必要なため、専門的な知識や高い技能の修得は必須です。

キャリアアップを目指して

介護のイメージ
主任介護支援専門員の資格は、介護のキャリアパス制度の中で上級資格と位置づけられています。

介護支援専門員としての仕事だけでなく、個々の介護支援専門員へのスーパーバイザーとしての役割はやりがいにつながります。主任介護支援専門員としての立ち位置を常に意識し、頼られる存在になれるように努めていきたいですね。

【ケアマネージャーの役割を復習しましょう。ぜひ以下の記事も合わせてご覧ください】

老後の生活を快適に!【ケアマネジャー】の仕事と役割を解説!

 

(Posted by momota

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

※掲載情報につきましては、 2020年05月26日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。