介護職員初任者研修を最短で取得するには?スクール選びのポイントをご紹介

介護職員初任者研修を最短で取得するには?スクール選びのポイントをご紹介

平成25年から始まった「介護職員初任者研修」は介護職員の入門的な資格として位置づけられています。

以前あった「ホームヘルパー2級」にかわる資格である介護職員初任者研修ですが、いくつか違いがあります。ホームヘルパー2級の資格は受講のみで取得できましたが、介護職員初任者研修は試験に合格しなければ資格取得となりません。

この記事では、介護所職員初任者研修の資格を取得するにあたり、最短で資格取得できる方法やスクールを選ぶ際のポイントについて紹介していきます。

介護職員初任者研修の位置付けとは?

受験資格の定めがない介護職員初任者研修は、介護施設での勤務を目指している方や、今後家族に介護が必要になった時に備えるためには最も適している資格です。実際、老若男女を問わず多くの方が修了しています。

この介護職員初任者研修は、介護系資格の中ではスタートラインとして位置づけられており、その上に「実務者研修」、「介護福祉士」、「介護支援専門員(ケアマネジャー)」、「認定介護福祉士」などの資格があります。

特に介護福祉士やケアマネジャーなどは、実務経験が原則取得要件とされているため、キャリアアップを目指していくならまずは介護職員初任者研修をとるべきであるといえるでしょう。

【介護職でキャリアアップを目指している人はこちらも併せて合わせてご覧ください。】

介護業界15年以上のベテランが語る!未経験からのキャリアアップに必要な資格とは?

介護職員初任者研修を最短で取得するには?

ジャンプしているひと
では資格取得までの過程や条件について解説していきます。

研修の概要

介護職員初任者研修は、各都道府県によってそのカリキュラムや達成目標が細かく定められており、次のような内容についてそれぞれ学びます。

中でも「こころとからだのしくみと生活支援技術」は、この研修の肝とも言える項目であり、講義と演習を包括的に、より実践的な介護技術を学ぶことができます。

  • 研修全体の相互関連性について学ぶ
    「職務の理解」(6時間)
  • 利用者の尊厳や自立支援、介護予防の観点について学ぶ
    「介護における尊厳の保持・自立支援」(9時間)
  • 介護の専門性や職業倫理、感染症対策等について学ぶ
    「介護の基本」(6時間)
  • 介護保険制度や介護保険サービスについて学ぶ
    「介護・福祉サービスの理解と医療の連携」(9時間)
  • 受容と共感、傾聴や言語・視覚障害に対応したコミュニティについて学ぶ
    「介護におけるコミュニケーション技術」(6時間)
  • 加齢や老化に伴って起こり得る疾病等について学ぶ
    「老化の理解」(6時間)
  • 物忘れと認知機能障害の違い等について学ぶ
    「認知症の理解」(6時間)
  • 様々な障害と支援の方法について学ぶ
    「障害の理解」(3時間)
  • 食事や入浴、排泄、移動等の介護技術等について学ぶ
    「こころとからだのしくみと生活支援技術」(75時間)
  • 研修全体を振り返る
    「振り返り」(4時間)

 

引用“介護職員初任者研修の取扱細則について
厚生労働省老健局振興課長発出

自宅学習&スクーリングで自分のペースで学習

カリキュラムを見ると膨大な時間と感じてしまうかもしれません。しかし、スクールによっては研修プログラムには短期や長期等の期間設定があり、最短で“1か月間”で修了できる1ところもあるようです。

研修機関から送付された研修テキストをもとに介護職員として必要な基礎知識を自宅で学びつつ、各段階でテキストに応じた課題に取り組みます。

その後、実践学習と修了検定を通学学習で行う流れが一般的となっています。

1 1ヶ月での取得は通学にて研修を受けた場合の最短となります。

【人気記事♡効率の良い勉強方法をこっそり教えちゃいます!】

【働きながらでも資格は取れる!】現役介護福祉士が効率の良い勉強法教えます

スクール選びの基本

会議

介護職員初任者研修は、都道府県ごとに研修内容が予め決まっていますので、スクールによってその内容に原則バラツキはありません(実務者研修をセットで行う等の研修施設はあるようです)。

ただし、教えるのはあくまで人間ですので、“わかりやすい・わかりにくい”の差は多少なりともあると言えます。また、下記の2つの点にも注意して選ぶとよいでしょう。

[介護資格が学べる]ユースタイルカレッジのサイトへ

研修開催回数が多い

研修施設には、教育体制(講師、設備等)、教育内容(シラバス、演習技法、教材等)等の情報をホームページ等で公開することが義務付けられています。

施設によっては講師の氏名や担当する講義内容だけでなく、略歴までをも公開しているところがあります。

講師の技術を見極める指針の1つに、いままでどれくらい講義を行ったかの“場数”が含まれまるため、研修施設が年にどれくらいの講義を開催しているのかを確認するのは、講師の質を確認する重要なポイントと言えますね。

教育訓練給付金の対象施設かどうか

厚生労働省が主体となって行う「教育訓練給付金」制度は、教育訓練に支払った費用の一部を助成してもらえる制度です。

介護職員初任者に限らず、居宅介護支援専門員などの資格も対象になり得るため、今後のキャリアアップのためにも必ず確認をしておきましょう。

無料で資格取得できる方法も!

厚生労働省では、季節労働者の方が通年雇用に結びつくように「通年雇用促進事業」を行なっており、この中に介護職員初任者研修の受講があります。

場合によっては、各地域の季節労働者通年雇用促進協議会が介護職員初任者研修に係る受講料を全額負担してくれるため、受講者は原則自己負担なしで資格取得をすることができます。

概ね要件は次の通りです。

  • 現在、雇用保険の「短期雇用特例被保険者」として雇用されている方
  • 離職者で、直前の離職に係る雇用保険が「短期雇用特例被保険者」であった方
  • 離職者で、直前の離職に係る雇用保険は一般雇用保険であったが、その受給資格を有せず、かつ、前々職に係る雇用保険が「短期雇用特例被保険者」であった方

詳細に関しては各ハローワークに問い合わせて確認するとよいでしょう。

まとめ

車椅子に座っている

介護職の人材不足は続いており、待遇面でも処遇改善加算などが取り上げられるようになりました。

より好条件を得たいのであれば、まずは介護職員初任者研修を修了し、キャリアアップのスタートラインを目指すことも考えてみてはいかがでしょうか。

(Posted by 大世渡 渉)

以下の記事もおすすめです。合わせてご覧ください。

介護職は無資格・未経験でも始められるのか

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年01月27日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。